経営改善計画策定支援事業運用の見直しについて | 医院開業に強い医療経営コンサルタント「榎崎洋(えのさきひろし)税理士事務所」

経営改善計画策定支援事業運用の見直しについて

経営改善計画策定支援事業運用の見直しについて

20150416昨日、TKC医業会計システム研究会の介護事業支援委員会創設特別セミナーの裏方を終え、本日は医会研地域リーダー会議に出席しました。いろいろ盛りだくさんの議題がありましたが、その中で一つご紹介したいのが、経営改善計画策定支援事業です。この事業はご承知の通り、経営改善計画策定費用の2/3(上限200万円)を一定の要件に該当すれば助成してもらえます。この事業の期限が撤廃されたことと、従前は対象外であった医療機関が新たに対象となりました。クリニックではあまり影響はないのかと思いますが、大病院とクリニックの狭間に立つ中小病院は診療報酬改定により政策誘導されますと、前者よりもその悪影響を被ることが多く、対応が遅れますと経営状態が非常に悪くなり死活問題へと発展することも珍しくありません。しかし、この事業の対象になったことにより認定支援機関と連携することで業績は良くなっていくことが期待されます。是非、この制度を活用されることをお勧めいたします。

お問い合わせはこちら 医師開業コンサルタント 榎崎税理士事務所
				 お客様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK】0120-766-566 受付時間9:00-18:00 06-6966-4777